我が家の柿の木はたねから育った同居人

柿の木

我が家の庭に一本の柿の木があります。樹高は、4~5メートルはあるでしょうか。この柿の木、たねから育ったものです。いまから15年ぐらい前の数年間、近所の畑を借りて少しばかりの野菜を作っていました。家で出る生ごみは、畑の畝沿いに掘った穴に埋め、有機肥料として使っていました。

生ごみはすべて畑に埋めていましたので、その中には野菜クズや魚の骨、卵の殻といったほかに、食べた野菜や果物のたねなども入っていました。

夏はスイカやブドウのたねが多くなりますが、秋になると柿のたねが増えてきます。ふつう、それらのたねは他の生ごみと一緒になって腐敗します。そのため、カボチャ以外は、たねが発芽するということは滅多にありませんでした。

ところが、どうしたわけか、ある年、柿のたねが二つほど発芽しました。抜いてしまうのも可哀想なので、そのままにしておきましたら、だんだんと成長し、数年後には高さが1メートル以上になりました。

そこまで大きくなると、それまでは黙ってみていた地主さんも流石に気なってきたらしく、畠に生えている柿の木を処分するように言ってきました。

まあ、そうですよね。

広い畠ならともかく、家庭菜園をしているようなせまい畠に大きな柿の木が育っていくのは、ある意味不自然です。言われてしまえば致し方ないので、2本の柿の木のうち、小さいほうの1本は処分し、大きかったほうの1本は、せまい自宅の庭に移植しました。

10年後

肥料をやることも無かったその柿の木は、自力で成長を続け、今では、冒頭に挙げたように5メートル近い高さを持つ木になりました。もっとも、少し大きくなってからは高い所にある枝は剪定するようにしていたので、剪定していなければ、もっと大きな木になっていたことでしょう。

そして、これだけの年月が経ち、背丈も大きくなったことにより、何年か前から、毎年柿の実もつけるようになりました。母親は大きな実をつける甘柿でした。だから買って食べたのですね。

しかし、この柿の木、お父さん(花粉)は小さな実をつける渋柿だったらしく、自分がつける実は小ぶりの実の渋柿となってしまいました。ですが幸いなことに、完全に熟してトロッとなる状態まで待てば、母親譲りの甘い熟し柿になります。それば、中秋のころですね。

この時期、鳥と競争しながらいただくことが最近の日常行事となっています。発芽時から知っていますので、この柿の木には親近感を抱いています。動物であったなら、それこそかわいいペットとなっていたことでしょう。

しかし、植物なので、やはり柿の木は柿の木で、ちょっと残念です。それでもこの先、当分の間、一緒に暮らしていくことになるのでしょう。

寒いからでしょうか、着物を着たくなります。

寒い日々が続いたりすると、私の身体は痛くなってきます。特に、背中から腰にかけて痛みが復活してしまいます。冬になると、イルミネーションや美味しい食べ物など、嬉しいことが多い反面、ちょっとやっかいなことが待ち受けているのです。

寒さがやってくると復活する、ありがたくも嬉しくもない痛み、これについては椎間板ヘルニアを患った人によくあることだそうです。通院の結果、椎間板ヘルニアからくる痛みからいったん遠のくことができても、寒くなるとまた身体が痛くなるケースが散見されるそうです。

随分前に、身体が痛いときの対処方法について、ネットで見たことがあります。回答された方の中に、少数派ではありますが、「着物を着た」とお答えになった方がいました。きっと、普段からおしゃれな方なんだろうなと思います。同時に、帯がコルセット状態になって、身体を守ってくれるのかもしれないと想像しました。

できればお薬に頼りたくない身の上には、素敵な対策法に思えます。私は背が高いうえに、普段もお手入れができるような着物(洗える着物)が良いと贅沢なことを思っています。日常的に着物を着たいからです。

洗える着物を探す

そんなわけで、ただいま「背の高い人 洗える着物」とネット検索しているところです。素敵な着物に出会えることを願いつつ、検索しております。身体にとって一番良いのは、自分で生地を買ってきて、採寸して、ミシンで良いので縫うことだと思います。でもそれは私にとって難しそうなので、代替案として、ネットで買った着物を着たいと考えています。

仮に着物を揃えたら、今度は着付けを勉強することになります。おしゃれな痛み対策法には、何かと勉強が必要となるようです。でも、いったん着付けがわかったら、あとは簡単そうです。いつか、着物を着て生活し、できれば着物を着て働けるようになりたいというのが私の夢です。同時に身体の痛みも忘れて、健康的に過ごしていきたいとも思っています。

洗える着物

保存

寒い日にこそのスープ系パスタでほっこり

今日からもう11月に入りました。月日の経過というものは本当に早いものですね。17時ともなると陽が落ちるのも早くなったことを実感するほどの薄暗さになり、それ以降は30分ごとにアッという間に暗くなってしまいます。

我が家でも普通に朝晩の寒いときには石油ストーブをつけるようになりましたし、本格的に寒くなってきてから冷たい空気の中買いに行かなくて済むよう、灯油も今ぐらいの時期のうちに調達しておきたいこの頃です。

そんな小寒くなってきた日々にあって、活躍しているのがスープ系など汁物のパスタ。汁物ならお腹もいっぱいになりますし、何より寒いときにあったかいものをいただくと癒されます♪

至ってシンプルな手順なので負担度も軽く、クノールなどの定番カップスープを普通にホットの牛乳や豆乳で溶いて、そこに茹でたてのパスタを浸すだけです。あとは彩りとしても栄養的にも温野菜を適当にポンポンッと入れ、コショーで味を引き締めて出来上がりという簡単さ。でもこの簡単さゆえに手軽でいつでも作れるところに、いつも救われています。

ポタージュやコンソメなど洋風の風味もいいですが、落ち着くのはやっぱり和風に尽きますね。インスタントのお味噌汁を使っての味噌汁パスタだって活躍しています。なるべくでしたら野菜の茹で汁が残っている場合はその残り湯でお味噌汁を溶かし、さらににんにくペーストも適量入れて馴染ませてからアツアツパスタを入れていただきます。

お味噌汁の場合もかんたん

お味噌汁の場合はとくに冷凍ブロッコリーあたりの鮮やかな緑色を入れると見た目もキレイで映えますね。そしてにんにくペーストの存在がいいコクを出してくれます。何とも簡単すぎるスープパスタですが、これからのシーズンもますます食卓への登場頻度が増えていくことでしょう。

今日のお夕飯もあったかシリーズで行こうと思い、かぼちゃの温野菜サラダと、ネギの薬味をメイン野菜にした中華風わかめスープが出来上がりました。今回のたんぱく質は海のお豆腐感覚ではんぺんをサイコロ状にカットして参入です。お夕飯作りが一段落したところで、これから夜のおうちカフェをしようと思います。ホッとくつろげる我が家が一番な今夜でした。

今日は久しぶりに午後からオフにしてみました

今日はとにかく、仕事が一区切りついたので、午後から気分よくお出かけしてきちゃいました。
夜に友人と会うことになっていたので、それまで駅の周辺で時間をつぶすことに。まず、少し遅めのランチを前から気になっていたカフェでとってみました。

紅茶が有名なお店だったんですけど、そこがまたカワイイ感じのお店でマダムばっかりでしたけどパスタランチを満喫してきました。しかも、1000円超えるかな?って思っていたらなんと980円でパスタとサラダと紅茶が飲めて本当にびっくりでした。また時間ができたら行きたいかも!って思える素敵なお店でしたね。

ケーキも美味しそうだったので今度はスイーツを堪能するために行きたいなって思いました。
その後は本屋さんとかで時間をつぶしたりとか色々しました。本屋さんはちょっとアナウンサーの人と医学系の先生の対談が面白い感じかなって思ってちょこっと立ち読み。内容としては、生きる理由より死なない理由を考えろって内容でちょっと奥が深いようなないような。

もう少しじっくり読みたいかな?って思うので、今度ブックカフェにでも行って読みたいかなって思いました。あとは、ちょっと早いけど今年のスケジュール帳を購入してみました。2000円もするのですが、まぁずっと欲しかったものだしなって感じで、購入して色々目標とかも書いてみることに。

そうすると投資について現実的にやってみたいこととかあれこれ出てきました。毎年100のやりたいことを書いているのですけど、それでもちょこっとずつ書き始めました。とりわけ、今年は投資の勉強も沢山したのでそれを実践に活かせないかなって思っているところです。

あとは私生活の充実とかですね。結婚とかもしたいな?って思うので結婚資金を買ったりできないかな?って思ったりとか。とにかく、お金のことで悩んだりしないように勉強も続けたいし、楽しみのためにお金を使うことも検討したいなって思ったオフ時間でした。

女性差別というより決めつけられている出来事

先日、家族で旅行に行ったときのことです。旅先のデパートでトイレに入ったところ、女子トイレの中に少し大きめのトイレがあり、そこには女性と赤ちゃんの記号が描かれていて、どうやらおむつ替えのできるスペースがあるトイレを示しているようでした。

男性側のトイレを確認できないため、男性用トイレにおむつ替えスペースがあるかどうかはわかりませんが、なぜ、おむつ替えや子供のトイレは女性の分担だと記号で決めつけられてしまうのでしょう。そういえば、最近はあまりみませんが、小さい男の子用のトイレも女子トイレ側に設置されているところもありました。

確かに、女性のトイレはメイク直しなどで男性用トイレよりも使用スペースが広いため、おむつ替え用トイレも作りやすかったのかもしれませんが、最近は共働き家族も増え、イクメンと言われる、家事育児を共有する男性も多くなったのに、未だに育児は女性負担と決めつけられている部分がまだまだ多いような気がします。

おひつ問題

以前SNSで「旅館や料亭などごはんのおひつは、必ず女性の席に置かれる。日本人はともかく、ジェンダー問題に意識の高い外国人の観光客が不快に思うのではないか。」といった書き込みを見つけ、なるほど、そうかもしれないなあと思いました。

指摘されて初めて、ごはんのおかわりをよそうことが女性の役目だと決めつけられていることに気がついたのです。ごはんはおかわりがほしい人間がよそえば、相手の食事を妨げなくてすむし、具入りのごはんなら自分の好きなところを好きなようによそうことができるので合理的です。

ご家庭によってはお父さんがごはんをつくるお家だってありますから、女性側にごはんのおひつを置くと決めつけるのは今の時代とあっていないと思います。じゃあ、どうすればいいのか、といえば、ご飯をよそいたい人が取りやすいように、机の真ん中においておけばいいのじゃないかと思います。

こうして客観的に考えてみるとこうした隠れた差別は、実は女性側も慣れっこになっていて気がつかないことが多いのではないかと感じました。

女性差別

保存

娘の習い事に行ってきた時のこと

今日は毎週行っている娘の習い事の日です。現在、年中組なのですがお姉ちゃんたちの習い事に触発され自分も習い事がしたい!ということで、色々無料体験させた結果サッカー教室に通っています。年中組が習えるクラスで女の子は娘だけで、大丈夫かなと不安がありましたが本人の希望でサッカーになりました。

クラスでは年中組と年長組が一緒にサッカーを教わり、難しいプレイをすることはまだないですがボールに慣れる感じの内容です。それでも時間の最後の方はコーチがチーム分けをしてちょっとミニゲームみたいなものをしています。

ただ、あまりルールがわかってないしゴールキーパーはいないのでみんなボールに群がってサッカーしてるといった感じです。娘も最初は手を使ってはダメというルールすら守れていなくてどうなることかと思ったんですが、習い始めて一ヶ月半でだいぶ動きがサッカーらしくなってきました。

家でも近くの公園でサッカーの練習をさせているせいかドリブルはできるようになり、足は元々早いのでボールを蹴る強さをもう少しなんとかできたらいいなと思っているところです。
私はサッカー中はトイレで呼ばれることがあるのでずっと側で見ていなくてはいけません。

まだ他の子のお母さんたちと話することがないので、一人でポツンと見ていますが、今日は他のお母さんたちが娘のことを話していてビックリしました。聞いていると、どうやらあの女の子上手いよねって言ってくれていたので陰口じゃなくて安心しました。

サッカー教室にいる子たちの中には習いにきてるのに遊び半分の子もいて、最後のミニゲームでは全然ボールを追いかけない子もいるのでその子たちに比べたら確かに娘はボールに食らいついてるなと思いました。味方がボールを持っていても取ろうとするのが難点ですが、勝とうとする気持ちがあるので温かく見守っています。

帰りの時娘は同じクラスの子たちに挨拶をして帰るのですが、ここでもお母さんたちと仲良くなるチャンスなのに仲良くすることができないので、私の課題は他のお母さんたちと仲良くなることだなと毎週思っています。また来週もあるので、娘はサッカーの上達、私はお母さんたちと仲良くを目標に頑張りたいと思います。

姪っ子の誕生日に贈るプレゼント

もうすぐ7歳になる姪っ子の誕生日に、何をプレゼントしようかというのが最近の私の悩みです。兄一家とは離れて暮らしているので、姪っ子には年に何度も会うことはありません。しかし、会うと必ず一生懸命走ってきて、躊躇なく抱き着いてくれる姪っ子は私にとっては大事な存在でもあります。

姪っ子には生まれた時から欠かさず毎年、誕生日プレゼントを贈り続けてきました。会う機会が少ないため直接手渡すことができないので、宅急便で送っています。荷物が着くとすぐに兄の方から電話がかかってきて、姪っ子が電話越しに可愛い声でお礼を言ってくれます。

洋服やカバンなど身に着けるものを送った時には、こちらに遊びに来たときには必ず身につけて来てくれるのもうれしいところです。きっと義姉さんが気を使ってくれてるんだなとありがたくも思っています。

そんな姪っ子ですが、去年あたりからプレゼントを選ぶのが難しくなってきました。なぜなら姪っ子本人の主張がかなり強くなってきたからです。今までは親や親戚にもらったものは、なんでも喜んでいた姪っ子も、最近では好みに合わないとほうったらかしにしてしまうということもあるようです。

色のこだわりが強い

特に色に関しては「ピンク」か「紫」のものばかり身に着けようとして困っている、と義姉も話していました。確かに小さな女の子がピンクや薄めの紫色のものを着ているのは似合います。だけど、姪っ子の場合、全身をこの2色でまとめてしまうのだそうです。

今回の誕生日プレゼントも、数か月前にさりげなくどんなものが欲しいかと本人にたずねたら「ピンクのバッグ」という答えが返ってきました。おそらく、姪っ子に選ばせたらド派手なピンクのバッグを選びそうです。

それはちょっと困るので、どうにかして上品で優し気なピンクのバッグを私の方が選んでしまいたいと思っています。そのようなわけで、最近は子供用のバッグをネットやお店で探しまくっていますが、なかなか思うようなものが見つからずに苦戦しています。

彦根市に行くように年会費無料のETCカードを作った

保存

保存

保存

早めの頭痛薬が大事だと改めて思いました。

今週の土日は風邪で苦しみました。前々から「なんだか体調わるいなぁ~」って思っていたのですが、主婦の私には休みがありません。毎日忙しく動き回る日々でした。数年前だったら大丈夫だったことも、40代になってから無理だと感じることも多くなっていたのですが、一日寝てたら大丈夫だったのに、今回はまさかのダウンです。

それもずーっと寝たきり状態で、見事に動けませんでした。とにかく頭が痛かったのです。もう割れそうなぐらいに痛くて、ヤバイ病気じゃないのかと不安になるぐらいでした。もともと頭痛持ちなのですが、いつもなら市販薬飲んだら治るのです。だから油断していました。

頭痛は痛くなりそうだなぁと思った時に即飲まなければなりません。それを我慢して耐えているとえらいことになります。今回がそうでした。今回は、夜中に頭が痛くなってしまったんです。寝ている時に薬を取りに行くのがめんどくさくて、我慢していました。

眠気の方が勝っていたからです。でも眠いのだけれど頭痛がひどくなりだしてきて、ズキンズキンしてきます。そうなるとアウトなんです。もう慌てて飲んでもなかなか効きません。長年の経験で分かっていたのに、めんどくささと、眠たさが勝ってしまい、2日間苦しむことになりました。

治りが遅くなった

今までは長引いても一日ぐらいで回復してきたのに、今回は、丸2日間、頭痛に悩まされて苦しみました。ずーっと、こめかみが波打っています。吐き気も出てくるし、肩凝りも目の奥も恐ろしいぐらいに痛みだし、本当に怖かったです。

このまま救急車を呼ばなければならないのではないのかと超不安になりました。こんな時に限って、夫は出張中なのです。高校生の娘だけが唯一、頼れる人でした。私のあまりにもの苦しみ方に、いつもはクールな娘もパニックなっていました。

このまま死んでまうのではないかと焦ったそうです。私もよからぬことを考えてしまうぐらい痛かったです。本当にしんどかったら病院なんか行けません。動くだけで激痛だからです。

今回は、健康の有り難さをこれでもかと言うぐらい味わいました。今日は昨日の頭痛が嘘のようにスッキリ治り爽快で、超幸せです。もう二度とこんなことにならないように早めに頭痛薬を飲もうと誓いました。

彦根に行きたい夢を持ちつつ、頑張って働いています。

保存