寒いからでしょうか、着物を着たくなります。

寒い日々が続いたりすると、私の身体は痛くなってきます。特に、背中から腰にかけて痛みが復活してしまいます。冬になると、イルミネーションや美味しい食べ物など、嬉しいことが多い反面、ちょっとやっかいなことが待ち受けているのです。

寒さがやってくると復活する、ありがたくも嬉しくもない痛み、これについては椎間板ヘルニアを患った人によくあることだそうです。通院の結果、椎間板ヘルニアからくる痛みからいったん遠のくことができても、寒くなるとまた身体が痛くなるケースが散見されるそうです。

随分前に、身体が痛いときの対処方法について、ネットで見たことがあります。回答された方の中に、少数派ではありますが、「着物を着た」とお答えになった方がいました。きっと、普段からおしゃれな方なんだろうなと思います。同時に、帯がコルセット状態になって、身体を守ってくれるのかもしれないと想像しました。

できればお薬に頼りたくない身の上には、素敵な対策法に思えます。私は背が高いうえに、普段もお手入れができるような着物(洗える着物)が良いと贅沢なことを思っています。日常的に着物を着たいからです。

洗える着物を探す

そんなわけで、ただいま「背の高い人 洗える着物」とネット検索しているところです。素敵な着物に出会えることを願いつつ、検索しております。身体にとって一番良いのは、自分で生地を買ってきて、採寸して、ミシンで良いので縫うことだと思います。でもそれは私にとって難しそうなので、代替案として、ネットで買った着物を着たいと考えています。

仮に着物を揃えたら、今度は着付けを勉強することになります。おしゃれな痛み対策法には、何かと勉強が必要となるようです。でも、いったん着付けがわかったら、あとは簡単そうです。いつか、着物を着て生活し、できれば着物を着て働けるようになりたいというのが私の夢です。同時に身体の痛みも忘れて、健康的に過ごしていきたいとも思っています。

洗える着物

保存

寒い日にこそのスープ系パスタでほっこり

今日からもう11月に入りました。月日の経過というものは本当に早いものですね。17時ともなると陽が落ちるのも早くなったことを実感するほどの薄暗さになり、それ以降は30分ごとにアッという間に暗くなってしまいます。

我が家でも普通に朝晩の寒いときには石油ストーブをつけるようになりましたし、本格的に寒くなってきてから冷たい空気の中買いに行かなくて済むよう、灯油も今ぐらいの時期のうちに調達しておきたいこの頃です。

そんな小寒くなってきた日々にあって、活躍しているのがスープ系など汁物のパスタ。汁物ならお腹もいっぱいになりますし、何より寒いときにあったかいものをいただくと癒されます♪

至ってシンプルな手順なので負担度も軽く、クノールなどの定番カップスープを普通にホットの牛乳や豆乳で溶いて、そこに茹でたてのパスタを浸すだけです。あとは彩りとしても栄養的にも温野菜を適当にポンポンッと入れ、コショーで味を引き締めて出来上がりという簡単さ。でもこの簡単さゆえに手軽でいつでも作れるところに、いつも救われています。

ポタージュやコンソメなど洋風の風味もいいですが、落ち着くのはやっぱり和風に尽きますね。インスタントのお味噌汁を使っての味噌汁パスタだって活躍しています。なるべくでしたら野菜の茹で汁が残っている場合はその残り湯でお味噌汁を溶かし、さらににんにくペーストも適量入れて馴染ませてからアツアツパスタを入れていただきます。

お味噌汁の場合もかんたん

お味噌汁の場合はとくに冷凍ブロッコリーあたりの鮮やかな緑色を入れると見た目もキレイで映えますね。そしてにんにくペーストの存在がいいコクを出してくれます。何とも簡単すぎるスープパスタですが、これからのシーズンもますます食卓への登場頻度が増えていくことでしょう。

今日のお夕飯もあったかシリーズで行こうと思い、かぼちゃの温野菜サラダと、ネギの薬味をメイン野菜にした中華風わかめスープが出来上がりました。今回のたんぱく質は海のお豆腐感覚ではんぺんをサイコロ状にカットして参入です。お夕飯作りが一段落したところで、これから夜のおうちカフェをしようと思います。ホッとくつろげる我が家が一番な今夜でした。

娘の習い事に行ってきた時のこと

今日は毎週行っている娘の習い事の日です。現在、年中組なのですがお姉ちゃんたちの習い事に触発され自分も習い事がしたい!ということで、色々無料体験させた結果サッカー教室に通っています。年中組が習えるクラスで女の子は娘だけで、大丈夫かなと不安がありましたが本人の希望でサッカーになりました。

クラスでは年中組と年長組が一緒にサッカーを教わり、難しいプレイをすることはまだないですがボールに慣れる感じの内容です。それでも時間の最後の方はコーチがチーム分けをしてちょっとミニゲームみたいなものをしています。

ただ、あまりルールがわかってないしゴールキーパーはいないのでみんなボールに群がってサッカーしてるといった感じです。娘も最初は手を使ってはダメというルールすら守れていなくてどうなることかと思ったんですが、習い始めて一ヶ月半でだいぶ動きがサッカーらしくなってきました。

家でも近くの公園でサッカーの練習をさせているせいかドリブルはできるようになり、足は元々早いのでボールを蹴る強さをもう少しなんとかできたらいいなと思っているところです。
私はサッカー中はトイレで呼ばれることがあるのでずっと側で見ていなくてはいけません。

まだ他の子のお母さんたちと話することがないので、一人でポツンと見ていますが、今日は他のお母さんたちが娘のことを話していてビックリしました。聞いていると、どうやらあの女の子上手いよねって言ってくれていたので陰口じゃなくて安心しました。

サッカー教室にいる子たちの中には習いにきてるのに遊び半分の子もいて、最後のミニゲームでは全然ボールを追いかけない子もいるのでその子たちに比べたら確かに娘はボールに食らいついてるなと思いました。味方がボールを持っていても取ろうとするのが難点ですが、勝とうとする気持ちがあるので温かく見守っています。

帰りの時娘は同じクラスの子たちに挨拶をして帰るのですが、ここでもお母さんたちと仲良くなるチャンスなのに仲良くすることができないので、私の課題は他のお母さんたちと仲良くなることだなと毎週思っています。また来週もあるので、娘はサッカーの上達、私はお母さんたちと仲良くを目標に頑張りたいと思います。