寒い日にこそのスープ系パスタでほっこり

今日からもう11月に入りました。月日の経過というものは本当に早いものですね。17時ともなると陽が落ちるのも早くなったことを実感するほどの薄暗さになり、それ以降は30分ごとにアッという間に暗くなってしまいます。

我が家でも普通に朝晩の寒いときには石油ストーブをつけるようになりましたし、本格的に寒くなってきてから冷たい空気の中買いに行かなくて済むよう、灯油も今ぐらいの時期のうちに調達しておきたいこの頃です。

そんな小寒くなってきた日々にあって、活躍しているのがスープ系など汁物のパスタ。汁物ならお腹もいっぱいになりますし、何より寒いときにあったかいものをいただくと癒されます♪

至ってシンプルな手順なので負担度も軽く、クノールなどの定番カップスープを普通にホットの牛乳や豆乳で溶いて、そこに茹でたてのパスタを浸すだけです。あとは彩りとしても栄養的にも温野菜を適当にポンポンッと入れ、コショーで味を引き締めて出来上がりという簡単さ。でもこの簡単さゆえに手軽でいつでも作れるところに、いつも救われています。

ポタージュやコンソメなど洋風の風味もいいですが、落ち着くのはやっぱり和風に尽きますね。インスタントのお味噌汁を使っての味噌汁パスタだって活躍しています。なるべくでしたら野菜の茹で汁が残っている場合はその残り湯でお味噌汁を溶かし、さらににんにくペーストも適量入れて馴染ませてからアツアツパスタを入れていただきます。

お味噌汁の場合もかんたん

お味噌汁の場合はとくに冷凍ブロッコリーあたりの鮮やかな緑色を入れると見た目もキレイで映えますね。そしてにんにくペーストの存在がいいコクを出してくれます。何とも簡単すぎるスープパスタですが、これからのシーズンもますます食卓への登場頻度が増えていくことでしょう。

今日のお夕飯もあったかシリーズで行こうと思い、かぼちゃの温野菜サラダと、ネギの薬味をメイン野菜にした中華風わかめスープが出来上がりました。今回のたんぱく質は海のお豆腐感覚ではんぺんをサイコロ状にカットして参入です。お夕飯作りが一段落したところで、これから夜のおうちカフェをしようと思います。ホッとくつろげる我が家が一番な今夜でした。