寒いからでしょうか、着物を着たくなります。

寒い日々が続いたりすると、私の身体は痛くなってきます。特に、背中から腰にかけて痛みが復活してしまいます。冬になると、イルミネーションや美味しい食べ物など、嬉しいことが多い反面、ちょっとやっかいなことが待ち受けているのです。

寒さがやってくると復活する、ありがたくも嬉しくもない痛み、これについては椎間板ヘルニアを患った人によくあることだそうです。通院の結果、椎間板ヘルニアからくる痛みからいったん遠のくことができても、寒くなるとまた身体が痛くなるケースが散見されるそうです。

随分前に、身体が痛いときの対処方法について、ネットで見たことがあります。回答された方の中に、少数派ではありますが、「着物を着た」とお答えになった方がいました。きっと、普段からおしゃれな方なんだろうなと思います。同時に、帯がコルセット状態になって、身体を守ってくれるのかもしれないと想像しました。

できればお薬に頼りたくない身の上には、素敵な対策法に思えます。私は背が高いうえに、普段もお手入れができるような着物(洗える着物)が良いと贅沢なことを思っています。日常的に着物を着たいからです。

洗える着物を探す

そんなわけで、ただいま「背の高い人 洗える着物」とネット検索しているところです。素敵な着物に出会えることを願いつつ、検索しております。身体にとって一番良いのは、自分で生地を買ってきて、採寸して、ミシンで良いので縫うことだと思います。でもそれは私にとって難しそうなので、代替案として、ネットで買った着物を着たいと考えています。

仮に着物を揃えたら、今度は着付けを勉強することになります。おしゃれな痛み対策法には、何かと勉強が必要となるようです。でも、いったん着付けがわかったら、あとは簡単そうです。いつか、着物を着て生活し、できれば着物を着て働けるようになりたいというのが私の夢です。同時に身体の痛みも忘れて、健康的に過ごしていきたいとも思っています。

洗える着物

保存